鷲峰(ジュブ)山高台寺 圓徳院祈祷開眼『三面大黒天』(26-0570)

商品番号:26-0570

鷲峰(ジュブ)山高台寺 圓徳院祈祷開眼『三面大黒天』(26-0570) e通販.com

『三面大黒天』秀吉の菩提寺に祀られる伝説の守護神!
五穀豊穣の福の神、大黒天・福徳財宝。技芸・教養の福の神、弁財天。必勝と財運の福の神、毘沙門天の三位一体念持仏!

三面大黒天とは、強力な天部が三位一体となった合体神。
秀吉は生涯一体の仏像を所持し大切にしていたとされます。その念持仏が秀吉の菩提寺である鷲峰山高台寺圓徳院(京都市東山区)に今なお祀られる『三面大黒天』なのです。本像は圓徳院が所蔵する秀吉公ゆかりの三面大黒天のお姿をほぼ原寸大で再現した木彫像です。
開眼供養の御祈祷を賜り、その証となる開眼供養証明書と二枚の御札と一緒にお届けします。
※一体一体、手作業で仕上げておりますのでお届けまでに約2週間ほどかかります。


秀吉が常日頃、身近に置いて大切に拝んでいた仏像が、三面大黒天。秀吉の幼少時代は悲惨でした。放浪の行商から今川氏配下の武将に支えますが、盗みの濡れ衣を着せられ再び放浪の身に。そんな不遇の時代に偶然出会ったのが三面大黒天でした。
秀吉は見るなり自らの守護神と定め、念持仏にしたのです。突然運が開けたのはそのすぐ後。織田信長に仕えることになり、草履を懐で温め、感心した信長は秀吉を草履取りの頭にします。以後はご存知の通り、トントン拍子の大出世で、信長亡き後は天下を手中に収めました。
そんな逸話もある、幸運祈念の三面大黒天を、貴家の繁栄に是非お飾り下さい。秀吉の菩提寺、鷲峰山高台寺(京都市東山区)圓徳院にて開眼供養の御祈祷を賜り、その証となる開眼供養証明書と2枚のお札が付属します。

サイズ:本体:高さ130x幅105x奥行80ミリ 台座:高さ35x幅142奥行100ミリ
重量:本体:約210グラム 台座:約170グラム
材質:桧
セット品:本体(三面大黒天)、台座、開眼供養証明書、姿札、字札
生産国:日本

◆圓徳院・後藤正晃住職◆「本像をお祀りいただく方々には、幸多い人生となる事を祈願しております。」

通常3日~7日でのお届けとなります。
発送完了時(発送日の夕方)に「発送完了メール」をお送りします。

35,000(税込38,500円
全国送料無料